本文へスキップ

四国医療技術専門学校は愛媛県松山市にある医療事務スタッフと臨床工学技士を養成する学校です。



「病院の顔」となる窓口での業務
病院の受付において患者さんの保険証の確認やカルテの作成、診療が終わるとその日の診療代を計算し窓口で医療費を受け取ります。また、通常患者さんが保険証を提示した場合、窓口での医療費の負担は3割となりますが、残りの7割を月に一度レセプトと呼ばれる「診療報酬請求明細書」を作成し、市町村や健康保険組合などに請求をする重要な業務を行います。 


院内各所での重要な業務
ドクターズクラーク…医師が治療に専念できるよう、本来医師が行う診察中のカルテの入力や病気や怪我などにおける診断書・証明書作成などを行います。
病棟クラーク…病院内の入院施設において患者さんが入退院する際の手続きや検査データの管理、入院費用の計算などを行います。
医療秘書…病院に来られるお客様の接遇や電話応対、院長先生のスケジュール管理や看護部や検査部などと連絡調整などを行います。


幅広い活躍の場

歯科医院…窓口業務やレセプト業務など一般的な医療事務業務に加え、歯科医師や歯科衛生士の補助を行う歯科助手としての業務も行います。
調剤薬局…処方せんの受付や患者さんの応対、調剤報酬の請求に加え、薬剤師が処方した薬を患者さんに渡すなど、補助的な業務も行います。
介護福祉施設…介護保険の請求や一般事務、利用者の快適な環境作りを事務的側面よりサポートします。超高齢社会の到来により、活躍が期待されます。 


求められる医学知識
近年、医療事務業務の多様化により、医師や看護師等と連携を図りながら業務を行うことも増えており、これまで以上に医学の知識を求められる傾向にあります。現場で活躍した医療従事者による指導や医療現場に近い環境での学習を通じて専門的な知識を身につけた人材が求められています


医療事務の魅力
自分の対応で患者さんの不安を和らげることができ、患者さんに直接感謝の言葉を伝えられることで大きなやりがいを感じることができます。医師・看護師と同様に病院内に必ず1名以上が勤務しており、医療機関がある限り勤務する場所がなくなることはありません。また、自分の生活習慣に合わせた勤務形態を選ぶこともできます。そしてなにより、身に付けた知識は一生なくなることがなく、仕事から離れても自分が身に付けた知識で自分たちを支えてくれた人たち対して、恩返しができるということは非常に魅力的であるといえます。

 

本校医療情報学科について詳しく知りたい方は下記よりお入りください。

医療情報学科


ナビゲーション

バナースペース

四国医療技術専門学校

〒790-0808
愛媛県松山市若草町 6-1

TEL 089-932-4600
FAX 089-932-7330